事業項目 進める上での考え方 具体的な行事 実施時期
1 親睦交流事業 町内会の主目的である、会員相互の親睦を図り相互扶助の精神を醸成してゆく行事として、一層推進してゆく。 @第31回夏祭り大会開催 8月上旬
A敬老祝賀会開催(75歳以上を対象) 9月中旬
B町内会内各種情報交換懇談会の実施 行事を捉え実施
C岩沼市長杯行政区対抗
  ソフトボール大会参加
9月下旬
D西部地区コミュニティ運動会参加 10月中旬
E班毎親睦行事開催助成 班毎開催
2 環境衛生事業 会員・非会員にかかわらず、地域に住むすべての住人の居住性向上を目指し、公衆衛生環境悪化防止と環境保全意識啓発に努めていく。 @防疫殺虫剤散布(消毒)作業 6月中旬、下旬
A環境美化デー(大堀払い)の実施 7月下旬
B岩沼市早朝クリーンデー参加 6月上旬、9月中旬
Cゴミ集積箱の設置整備 個別調査による
D環境マナーアップ推進 ゴミの不法投棄防止 随時
3 自主防災事業 近い将来、大規模な地震が高い確率で発生するといわれる中、有事の際に地域住民が力を合わせて被害を最小限にくい止めるよう日ごろから備えておく。 @防犯灯設置整備 需要の都度
A総合防災訓練実施 11月中旬
B災害時伝言板の運営         (ホームページ内) 通年運営
C地区内巡視(防犯、災害危険箇所)   随時
D街頭消火器の設置・維持
E岩沼市消防署事業に参加
  (競技大会等)
4 教養文化事業 先駆的取り組みを行う町内会として内外から模範と賞されているところであり、今後も継続的な事業推進をしていく。 @パソコン教室開催 年間6回
A町内会ホームページ運営 通年運営
5
地域活性化事業
地域内休眠農地を有効活用し、会員交流にも寄与していく。 @地域活性化プランの推進 通年運営
6 福祉活動 相互扶助の精神で地域社会での役割を担ってゆく。 @各種募金活動の支援 年 回
A福祉の集いへの支援 年 回